モバイルで簡単に融資を受けることができます。

大学生の方のうち、両親の経済的サポートを受けられない方は、お金によって様々な困難を経験します。 大学の授業料、保証金、公共料金、生活費などお金が入るところが数え切れないほど多いので、ローンを借りようかとも思うんですが。 「残念ですが、大学生たちは職場と所得もなかったり少ないため、無職者に分類されて就職準備生、主婦、軍人のように融資を受けるのが困難です。」 では、大学生たちは融資を最初から受けられないのでしょうか。 結論ではありません。 今日は、実質的に役立つ大学生貸付の種類についてご紹介したいと思います。

大学生の学資金ローンです。


大学生の最も大きな悩みの一つが、授業料と学資金です。 2~3%の低い金利で貸し出しが可能な韓国奨学財団の学資金貸し出しがあります。 大学生融資者は職場に就職した後の状況融資、農漁村出身の学資金融資、一般償還学資金融資などがありますが、 また学費や生活費まで低い金利で貸し出せます。 学資金をもらえるのも回数があり、一定水準の学校成績を維持してこそ可能です。



大学生の青年ヘッサルロンです


大学生貸し出しの種類の中でたくさん聞いたと思いますが。 政府で運営しているヘッサルローンでも大学生貸し出しができます。 信用回復委員会の保証審査を経て承認されれば、保証書を持って銀行から融資申請ができますが。 年金金利は5.4%程度で、生活費や高金利転換貸付を名目に受けることができます。

生活資金貸し出しです。

大学生の学業と生計を立てるように生活費を貸し出せます。 限度は最大1200万ウォンで、1年間最大500万ウォンまで融資が可能で、6年の据置機関、償還期間は7年までです。


支援対象です。



大学(院)生です.

申請日現在、大学または大学院に在職または休学中の学生です。

学点銀行制学習者で、29歳(兵役済み者は31歳)以下、年間所得3千5百万ウォン以下(信用等級6位以下の場合は4千5百万ウォン以下)、申請日現在は学点銀行制を受講中で、12学点以上の学点が認められた者です。



ですから青年層

29歳(兵役済み者は31歳)以下、年間所得3千5百万ウォン以下、年間所得3千5百万ウォン以下(信用等級6位以下の場合は4千5百万ウォン以下)、中小企業に1年以上在職中の青年層の場合は融資金利を0.5%引き下げます。



高金利転換貸付です。

従来、貸金業融資や高金利で受けた融資を最大限度1200万ウォンまで低金利に転換する融資のことをいいます。 償還機関は7年です。



1金融大学生向けの融資の種類です。


序論で話したように、大学生は無職者です。 そのため第1金融圏では、大学生の信用融資が難しいと思われます。 ですが延滞履歴のない大学生に、小額ローンが組める商品があります。



カカオバンクのへそくり融資です。

よく知らない方もいらっしゃいます。 내구제カカオバンクは、第1金融圏のインターネット銀行です。 それゆえ低い金利で少額貸し出しが可能なのですが。 所得や職業がなくても融資を受けることができ、上限50万ウォン–300万ウォンまで融資を受けられます。 モバイルアプリを通じて申請でき、金利は信用等級に分けて適用されますが、3.9~15%ほどです。



ウリィ銀行のウィビモバイル貸し出しです。



100万ウォンから2000万ウォンまで貸し出しが可能な貸し出しです。 信用等級が7等級以上なら申し込みが可能です。 しかし大学生たちは巨額の貸し出しは難しいです。 信用度によって5.3%~9.3%まで金利が測定されます。



KバンクスリムKの信用貸付です。

カカオバンクと同じく、Kバンクもインターネット銀行第一金融圏です。 1年以上のクレジットカード取引内訳があれば申請でき、信用等級別に最大5000万ウォンまで融資を行うことができます。 金利は等級により4.66%~9.9%です。


●ノンバンクの大学生向け融資の種類です
SBI貯蓄銀行のサイダーです。貸し出します

6等級以上の信用等級で、50万ウォンから1億まで限度が広いのが特徴です。 但し、限度と金利も信用等級によって異なり、6.9%-13.5%の金利で融資を受けることができます。



OK貯蓄銀行、OKモバイルローンです。

所得がある程度ある大学生に該当するローンとして、10万ウォンから300万ウォンまでモバイルで簡単に貸付を受けることができます。



●ロッテキャピタル、インターネットで即時融資を受ける

1年以上の信用貸付取引内訳がある場合は、申請が可能です。 100万ウォンから2500万ウォンまで融資を受けられ、12%~21.9%の金利です。


大学生チョンセ(伝貰)の借家ローンです。
「政府では大学生の住居問題の悩みを減らすため、韓国住宅金融公社と住宅保証都市公社がチョンセ·ウォルセ資金を支援しています。

今日は大学生貸し出し種類と条件について紹介しました。 所得や信用等級が少しでも高い大学生が、より有利な融資を受けられるのですが、 低所得または延滞履歴やキャッシュサービスを多く受けた方、信用格付けが低いと融資を受けるのは難しいことがあります。 このような場合が発生すると、貸金業を探せます。 高い高金利貸付は、信用等級の下落を招くため、悪循環にならざるを得ません。 そのため、絶対に個人のお金や私債を利用せずに、できるだけ銀行から融資を受けていただければと思います。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다