危機はチャンスと言っていなかったか

知恵ある人の話は真実に違いない。 圧倒的なパフォーマンスで踊った記憶が昨日のことのように思えるが、わずか1年で状況が180度変わった。 ボクシング·デーが3連勝に終わった2020年1月とボクシング·デーが2分け1敗で終わった2021年1月の温度差が明らかに分かれた。”

客観的な指標を見ると、リバプールの長所だった。 リバプールはサウサンプトン戦で5連勝を上げ、リーグ平均と得点など他の数値で優位を占めた。 一方、サウサンプトンは最近、4試合連続引き分けを記録したレッドモンドとベスターガードら主軸選手の負傷で戦力から離脱した。 甚だしくはハッセン·ホイトルの家族がコロナと確認されるのは心理的に難しかった。

このような状況にもかかわらず、サウサンプトンはリーグ1位のリバプールを辛うじて捕らえた。 ハッセン·ホイットル監督がグラウンドに倒れ、感激の涙を流すのも無理はないだろう。 サウサンプトンの闘志と凝集力は今日リバプールより一枚上だった。
リバプールの選抜リストにはプロのセンターバックがなかった。 中央のMFジョーダン·ヘンダーソンとファビニュがセンターバックを交替し、久しぶりに先発に出たチェンバレン、ティアゴ、ベイナルダムにMFらが投入された。 いつものように、最前方と最前線が出た。

サウサンプトンが前半2分に先制ゴールを決めた。 セットピースの状況でアーノルドがショートボールを逃し、ダニー·インスがボールをまるで足球のように反対側の柱に蹴った。 着実に守備不安を示していたアーノルドの守備が再び俎上に上ったが、セットプレーを担当したワード·プライス·ボールにスピンをかけたことを考えると、あまりにも安易な姿勢だった。 アーノルドのスランプは どこまで終わるんでしょうか?

サウサンプトンは、ゲゲンプレッシングを連想させる序盤から多くの圧迫を加えた。 リバプールはビルドアップの過程で何度も戸惑い、未熟さとミスを露にした。 3位だったティアゴも攻撃システムを見つける前にサウサンプトン攻撃手たちの圧迫に孤立し、円滑なボール供給量を出せなかった。

リバプールは中盤以後、サウサンプトンに対応してアーノルドを中央守備ラインに落とすスリーバックを改造して、後方ビルドアップ問題を改善した。 しかし、コンミ·チェンバレンはこれといった活躍を見せられず、マネとサラもサウサンプトンの守備を崩せず、脅威的なチャンスを作り出すことができなかった。
後半戦が始まるや否や、リバプールは激しく攻め立てた。 後半序盤は1-9で試合を完全に掌握した。 個人の意見を言うと、この時期同点ゴールを決められなかったのが結局敗北につながったと思う。 気分の良い時や機会を作る時、ゴールが決められなければ良い結果を得られない。 「サッカーは本当にスポーツだ。

試合中盤、mlb중계 ハンドボールの反則とタックルが議論になったが、何も起こらなかった。 個人的にハンドリング反則をVARオンフィールドビューで見るしかなかった点が残念だ。

後半55分、振るわなかったチェンバレンがアウトになり、シャキリが投入されたが、他の公演はなかった。 実は、全てのリバプール選手に他の競技力はほとんどなかった。 75分が過ぎてようやく有効シュートが初めて出て、側面で活発に動いたマネがウォーカー·ピーターズに阻まれて苦戦し、攻撃の糸口もつかめなかった。(もちろんサウサンプトンの精神的な守備が一役買った。)

結局、サウサンプトンは前半戦の強い圧迫と後半戦の中断で1-0で勝利した。 サウサンプトンが多くの悪い知らせの中でも貴重な勝利を収めたことに拍手を送る.
それは混沌のEPLである。 強い男はいない。 きらめく季節が一つあり、きらめく季節が二つあり、ソロ公演は一つだが、ソロ公演は二シーズンある。 だからEPLが面白いです。

今日の試合でリバプールが敗れたことで,追撃者にトップの座を明け渡した. 1位と7位の格差が4点に過ぎない。 試合が少ないチームもあることを勘案すれば、いつでも逆転できる空白だ。 彼らが現在の現実を認めて実質的な利益を追求しようと、リバプールは効果的な対策を立てる必要がある。

つかまえても堪えられない時が来る. なぜならサッカーは人々がするスポーツだからだ。 その場しのぎはその場しのぎに過ぎず、完璧な解決策ではない。 リバプールはそこの地点にあると思う. 何とか負傷者の間を防いだが、限界に達したかもしれない。 決定力を持つ操舵と最終守備の責任を負う番田池に復帰することが急務だ

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다