むしろ家族の姿に見える。

映画を見る前は暴力的で怖い映画だと思った。
でも全然そうじゃなくて
とても繊細で人物の感情を見せてくれる、 そんな映画だと思う。

どうして望まない子どもを引き取られ誘拐犯になった。
ユ·アインはドラマの中で、 何も話さないのか分からないけど
セリフ一つもない。
ひたすら表情と行動で演技をする.
そのためか、토렌트맵 観衆の視線がもっとユ·アインに集中したのではないかと思われる。

連れてきた子は
最初は警戒もして、慣れないけど
一日が過ぎるとユ·アインの弟とも仲良くして何とかユ·アインの家でよく適応して
うわべだけ見れば何でもないように映る。
数日間、一緒に過ごしながら
幼児も子供に愛情が芽生えたのか気にし、嫌がっていない様子だ。


ユ·ジェミョンに電話が繋がらなくて
ユ·アインは、子供の身代金交渉がうまくいっていないと聞いており、
すでに計画されたように仕方なく子供を水炊きの家に連れて行ってあげる。


家に帰ってきたユ·アインは
いいえと思って再び子供のところにやってくる.

子供を超えた後、また戻ってきて
子供はその家からにげうてて
道に迷ってまた捕まってきて
こういう事件を経験しながら
お互いの間で何と言うか… 少しの情というか…
そういう感情が生まれたと思った。
一時期撮った
ポラロイド写真の中の姿は
幸せな家族の姿に見えることもある。

ユ·アインは子供を連れていくことに心を決めて
子供の学校に行く.
遠くに先生が見えて
子供は先生を呼びかけながら駆けつけようとするのに
乳児人がその握った手を離さない。
その間情でもあったのに
最後の挨拶でもしてほしくて、そんなに放さなかったのか。
予期せぬことに、子供は激しく幼児の手を振りかざしながら、まっすぐ先生のところに駆けつける。
先生も生きて帰ってきた子供を抱きしめる。
そして、聞いてみると、
あの人誰かって?
子供は誘拐犯だと答え、
先生は大声で叫ぶ。
誘拐犯だって。
幼児は驚いて逃げる。
しばらく逃げて
映画はユ·アインの姿を見せて終わる。

意図してなかった誘拐で
手足を縛り付けるような誘拐犯の典型的な姿はどこにもない。
家族同様に食べて一緒に寝ながらそういう生活をした.
子供もユ·アインの妹と仲良くして
家の掃除もするなど
むしろ家族の姿に見える。
幼児の姿からも子供のためになる様子が伺える。
みんなの目が幼児の姿を追って行って
台詞のない乳児人を理解しようと努力するが、
子供の目から
乳児人はただの誘拐犯であるだけなのだ。
生きるために仕方なく
その家で仲良く過ごそうとしただけであって
学校に連れて行ってくれた幼児から、一刻も早く逃げようとしたと思う。
先生に
あの人が誰かと聞いた時
子供もユ·アインと同じ気持ちが 少しでもあったら
ただ連れて行ってくれた人だと言ったはずだ。
最後の場面で
子供の本心が分かった。
僕だけがそう感じたのかは分からないけど、
最後の場面が私には本当にどんでん返しだった。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다